電動歯ブラシ使わせて良いのか

>

習慣化させるための使い方

歯磨きを楽しむために

お子さんに電動歯ブラシを使わせるためには、まずお子さんがその電動歯ブラシを楽しめることが大切。面白いと思うことで、お子さんは歯磨きを楽しんで取り組めるようになり、それが習慣化への一歩にもなるのです。
特に電動歯ブラシには、お子さんが楽しいと感じるメリットがいくつかあります。電動歯ブラシは、名称通り電動です。スイッチを入れると、電動で動き、作動音がなります。それはお子さんが普段遊んでいるおもちゃと通じるポイントともなりうるところ。
最初は親御さんが、まるでおもちゃで遊ぶかのように、お子さんのお口を電動歯ブラシで撫でてあげる。音と親の笑顔によって、お子さんは電動歯ブラシに楽しいという印象が芽生えることでしょう。それを繰り返すことで歯磨きは楽しい、そう感じるよう習慣化させていくことが大切です。

知育玩具を活用する

電動歯ブラシの中には、アプリと連動してお子さんの歯磨きを楽しませるものもあります。そんな知育玩具を活用して電動歯ブラシを使うというのもおすすめです。
電動歯ブラシの場合、一般の歯ブラシを使う歯磨きと違い、何度もこすったり同じところを磨くということを続けると、歯や歯茎を傷つけてしまう可能性が高まります。一定方向に、まるで一筆書きのようにして流れるようになぞることで、電動の力で汚れを落とせるのですが、その方法やリズムが定着しないのがお子さんです。
そこで知育玩具では、歯ブラシを動かすタイミングを促し、無理のない力加減を教えてくれるため、痛みや傷を伴わずに歯磨きを学ぶことができます。
こうしたアイテムを活用することで、お子さんは遊びの一環として歯磨きを身に着けることができるというわけです。